ゲームのように楽しむ

昔、

「私が黒だと言えば、黒になる。

白だと言えば、白になる」

という表現をされている知り合い(経営者の方)がいました。

おっしゃる通りです。

ただ恐縮ですが、その言葉は自分自身に投げかけた方が良いと思います。

「支配・コントロール」のために使うのではなく、ご自身の内面に意識を向けてみると、大きな良い変化が期待できるかもしれません。

これはもちろん、優劣を意識させるための話ではありません。

このあたりの話は、経営者や管理職(一般的な上位ポジションの仕事)をされている方の中には、過度な労働的・精神的負担、エネルギーの低下、そしてプライドなどから、その「受け入れ」を拒絶する方がいらっしゃることも存じております。

ですが、この点を受け入れられるかどうかで、たとえばご自身の家庭の環境が良くなっていくとしたらどうでしょうか?

 

意識が先で、現実が後です。

そもそも、

白だと思っていたものが、実は黒かもしれません。

逆に、黒だと思っていたことが、実は白かもしれません。

自分にとって「当たり前」だと思っていることに、健全な疑問を持ってみましょう。

 

この記事を読んで、もし少しでも「何か」を感じられた方は、これからは

リラックスして美味しい紅茶でも飲みながら、たとえばオセロのように、この宇宙のゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。