WELLNESS(ウェルネス)とは何か? 意味や定義は?HEALTH(ヘルス)とのちがいは?

WEB環境が整備されて、それぞれの価値観や信念にもとづいた生き方・在り方・働き方などが自由で活発になってきている現代において、WELLNESS(ウェルネス)は、多くの人が目指す生き方となってきているのではないでしょうか?

よく耳にする「WELLNESS(ウェルネス)」とは、そもそも具体的にはどういう意味なのでしょうか?

こちらの記事では「WELLNESS(ウェルネス)」の意味、定義をお伝えいたします。

 

WELLNESS(ウェルネス)とは?

WELLNESS(ウェルネス)とは、アメリカの医学者、ハルバート・ダンによって1961年に提唱され、世界保健機関 (WHO) が国際的に提示した、広範囲な視点から見た「健康観」のことです。簡単に言うと、運動を日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろうという主旨で提唱された概念です。

WELLNESS(ウェルネス)に関心をもつ研究者や実践者が集まり、様々な問題を学際的に研究する日本ウェルネス学会では、研究成果の普及と実践を目的として、学会誌の発行と学会大会の開催を中心にした活動を行っています。

 

近年のウェルネスの定義

近年のウェルネスの定義には、2015年にグローバル・ウェルネス・インスティチュート (Global Wellness Institute:GWI)が提唱する「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」があります。

日本では、琉球大学の荒川雅志教授が「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして輝く人生をデザインしていく、自己実現」と定義しており、 健康はその基盤であり、ウェルネスは生き方であると提唱しています。

 

WELLNESS(ウェルネス)とHEALTH(ヘルス)の違い

WELLNESS(ウェルネス)は、「元気」や「爽快」を意味する英語「well」から成り、「病気」を意味する「illness」と対照的な言葉です。一般的に、病気ではない状態は HEALTH(ヘルス)、「健康」と表現されてきました。

では繰り返しになりますが、WELLNESS(ウェルネス)とは何か? 病気ではない状態であるHEALTH(ヘルス)、「健康」を「基盤」として、それをもとに豊かな人生、輝く人生を実現して生きることです。何かに没頭している、熱中している、生き甲斐を見つけているなど、そのプロセス自体が活き活きとして輝いていれば、それはWELLNESS(ウェルネス)だということです。

 

参考

国立大学法人琉球大学 ウェルネス研究分野

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。