「誰」が言うか?

現代のビジネスにおいては

何を言うかよりも、誰が言うか

ということが大事だとされています。

広告業界では当然でしょう。

簡単にわかる例を挙げれば、「芸能界」がそれを証明してくれています。

それは何か意図的なことをしているからですが、本来はその「誰が」に当たる人物は、それを言い続けてきたからこそ、自然な結果として

『「誰」が言うか』という影響力を持つに至ります。

キャラクター設定や、ブランディングなどの小手先のテクニックだけでは、

「本物」は創れません。

「本物」であることが先です。

人は真実と虚偽を見抜くことができませんが、さまざまなことを学んで、そのあたりを少しでも見極められるようになると、おかしな情報に惑わされることがなくなります。

情報を収集する範囲が広がることによって、結果としてはとても楽になります。

世間的に影響力があるとされる人ではなく、それ以外の人たちも素晴らしい教師になります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。