意識が先、現実は後。

源に接する機会は多くの場合、現実におけるネガティブな体験の直後に訪れます。

たとえばそれは、病であったり、人間関係における大きな苦しみであったり、経済的な困窮という形を体験して、どうにもならないように思える哀しみの直後にやってくるのです。

やってくると言うよりも、自らその扉を開いて入っていくようなイメージが近いかもしれません。

源に触れたとき、どう在りたいか、どう生きるか、ということに対して切実に向き合うことになります。

その時、源とは神であることを知ります。

本質的な自己である源は、神のエネルギーです。

そしてそれは、「愛」そのものでもあります。

これまでも、これからも、いつでもそこにあった、あなたの内側にある源を体感的に理解すれば、もう何度も哀しみを体験する必要はなくなります。

これが源なのだとわかることで、その後は大きく人生を揺さぶり、姿形を変えていきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。