内側を整える

日常の生活において、何らかの障害に遭遇したら、自分の内面に目を向けることです。

なぜなら、内面における障害が、魂、心、身体のエネルギーの流れを遮ってしまっているからです。

経路が閉じると、一時的に動きが鈍くなってしまいます。

でずが、内面の障害が片付けられれば、エネルギーの流れが良くなります。

エネルギー経路を開いていけば、外側の物事はスムーズに動き始めます。

ただ、気を付けなくてはならないことは、ほとんどの場合には、それが自覚のないまま起きてしまうことです。

 

繰り返しになりますが、自分の内面の状態が良くなると、外側のすべては上手く整い始めます。

ですから、起きてしまった障害をきっかけとして、自分の内側を見つめ、取り除くというプロセスが大切になります。

事実と感覚を分け、内面を冷静に調べることが必要になります。

人それぞれにタイミングがありますが、それは少しの勇気で誰もができることです。

まずは、そういった方法があることを知ることです。

知れば上手くいくことも、知らなければできないからです。

少しずつ、リラックスして進んでいけるように自分の心を整えていきましょう。

関連記事