本音を語る

自分が本音で向き合うほど、現実は進行します。

他人に対しても、自分に対しても、できる限り本音で向き合うことです。

そうすれば「次」へ行くことができます。

他人とケンカをすることをすすめているわけではありません。

ただ、自分の心を見つめることによって「気づき」が生まれます。

怖れることもあるかもしれません。

と言うよりも、内側に怖れがあるからこそ、そして自分を守ろうとするからこそ、本音では語れなくなります。

本音では語らなくなってしまいます。

本当に次の段階へと進みたい

そう思われるのであれば、「向き合う」ということを現実的におすすめします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。