原因と結果は円環のようなもの

原因と結果に関しては、

一般的には物理的に、

直線的(線形)に成り立っているように思えます。

○○が原因で、○○が起きた。

と捉えることがふつうです。

たとえば、(あってはいけないことですが)

航空整備士が、航空機に部品を取り付けることを忘れ(原因)、

その結果、燃料が漏れる(結果)こととなり、航空機が墜落したとします。

これは話をわかりやすくするための例ですが、

物理的、直線的(連続・線形的)に成り立っていることに思えます。

それは、その通りであって、そうでないと言えます。

その人単体で起きる原因と結果であるかもしれませんし、

そうでない場合もある、ということがあります。

それは、平行世界を行き来することができれば

体感として理解できます。

しかしながら、大多数の人々はそれがわからない

(わからない方が当然)ので、

ミスはその人の責任となります。

実際には、多くの波動(エネルギー)の介入により、

一つの結果が生まれます。

また航空機の話に戻しますが、整備の仕事は、

全員の力で、何度も点検を行うことなどによって、

奇跡的な仕事が成り立っていると言えます。

ズームを引いてみると

すべての仕事がそうかもしれません。

人は自分の居る次元を固定することができない、

そのやり方を知らないため、

直線的にしか物事をとらえられません。

しかしながら、できる限り次元を一つに固定すれば、

A次元では○○が起こる

B次元では××が起こる

など、規則性が見えてきます。

その規則性のあるシステム、円環の中を

ぐるぐる回っているように感じます。

円環を回っているのなら、

原因と結果は分けられないということになります。

その次元にいれば、それが起こるのが当然だということです。

この世界に偶然はないということになります。

すべてが必然のようです。

関連記事