科学の言葉で語り得ないからと言って、奇跡を笑ってはいけない

私たちの世界で「科学的」という言葉は、

問答無用なほどに信じられています。

科学で解明されていることは、

とても素晴らしいことですね。

ですが、科学でわかっていることは、

実はこの宇宙の5%程度だということが知らされています。

 

論理というものは、後付けによって成り立ちます。

論理は、物事の正当化を容易にします。

たとえば、「科学的」「○○監修」「○○の専門家が~」というのは、

実は単に、

商品・サービスを販売するための言葉

である場合もあるということです。

 

科学で解明されていることは、とても素晴らしいことです。

ただ同時に、未だわかっていないことの方が

圧倒的に多いことを、

私たちは心に刻んでおくべきなのです。

 

それを理解しておけば、

様々なことに対して、素直な「疑問」を持てるようになります。

停止していた思考が動き始めます。

 

そうすると、世の中で「奇跡」と呼ばれることは、

いまの科学では解明されていない

(とされている、または本当に解明されていない、それか大々的には知らされていない)

「何か」である

ということがわかりはじめます。

 

「奇跡」そのものは事実であり、

何らかの「法則」が働いていることを意味しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。