• HOME
  • コンテンツ
  • COLUMN
  • 本質的な知識・情報は、「嘘でしょ?」「怪しい」というテーマの中に隠されているのかもしれません

本質的な知識・情報は、「嘘でしょ?」「怪しい」というテーマの中に隠されているのかもしれません

人生をより良く生きたいと願う人が、

本屋に行ったとして、

はじめに普通に手を伸ばす本は、

おそらく新刊コーナーか、

売筋コーナー

に置いてあるものだと思います。

たとえば、自己啓発書。

サミュエル・スマイルズ

スティーブン・R・コヴィー

デール・カーネギー

ジョセフ・マーフィー

松下幸之助

苫米地英人

神田昌典

本田健

など有名著者の本を手に取られたり、

タイトルに惹かれて、最近発売されたものを読まれるでしょう。

 

または、自分がいまやっている仕事に関する本です。

仕事が充実すれば、人生は豊かになると思うからです。

私の場合はお店の経営をしていましたので、上記の本に加えて

経営

人材育成

法律

心理学

宗教

などの本をよく読んでいました。

それらは、小手先の技術から本質まで様々なことが述べられています。

 

その前段階として、大学時代に、

私は理工書と小説をよく読んでおりました。

それ以前、高校時代には健康、栄養学。

それより前は、漫画を読んでいました。

私は昔から本屋に行くことが癖づいていました。

それは子どもの頃、父がよく本屋に連れて行ってくれていたからでしょう。

父の本棚には、中国の歴史文学がたくさん並んでいました。

 

・・・

とにかく私は、他にも様々な本を読み漁り、

たどり着いたのは、ずっと敬遠していたジャンルでした。

それは「精神世界」。

 

たくさんの本を読んでわかったのは、どのジャンルであっても、

良質なものとそうでないものに分かれるということです。

 

前置きが長くなりましたが、

今回の記事でお伝えしたいことは、

人間や人生、社会に関する根本、本質的なことは

「精神世界」の本に書かれている

ということです。

 

ただ、はっきり言って、

あのコーナーは一言で「怪しい」です。

並んでいる本のタイトル自体が、

ほかのコーナーにはない、

聞いたこともない言葉ばかり

だからです。

信仰や思想の世界ですので、

事実とはかけ離れた、筋が通っていないことを真実と述べている著者もいて、

(「事実」と「真実」は異なり、「真実」というのは、人の認識の数だけ存在します)

心眼が磨かれていなければ、

「スピリチュアル難民」と呼ばれる人間になりうる恐ろしさもあります。

正直に言うと、少し危険だと思います。

 

私は昔から本屋に行くと、「精神世界って何だろう?」

と思っていました。

子どもの頃から本屋に行くことが趣味のようなものでしたが、

様々な段階で、「いま、手にとってはいけない」気がしていました。

怪しいと思いながら、やっと手に取ったのは20代後半になってからでした。

 

私は

点の知識が多くなり、

点と点がつながって、

自然と導かれるようにして、

精神世界の本にたどり着きました。

前段階の知識や経験、洞察があって、ようやく本当に理解できるような感じだと思います。

また、体感によって理解できなければ意味がありませんので、

簡単に手を伸ばしてはいけなかったのだと思います。

 

個人が、よりクリアな観点で情報を仕入れるには、

とにかく多くの情報に触れることも大切です。

 

私には、

本物の知識、

本当に素晴らしい情報は、

隠れている(隠されている?)ように思えます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。