最も大切なのは、いまを生きること

記憶や感情、それに根付く観念の影響下に置かれてしまおうとも、

何度も何度も思い出すべきことがあります。

それは、「いま、この瞬間」を生きることです

 

基本は、過去の記憶を呼び覚ますことなく、

自分がどこにいるのか、

どこに向かっているのか、

それだけはいつも確認して、

いまを生きることです。

様々なことに対して感謝しつつ、

ただひたすら歩き続けることです。

もちろん、自分にとって良くないことの原因に気づいて、

取り除くことも必要でしょう。

取り除いたら、あとは再び前を向いて、

振り返ることなく生きていくことです。

 

この繰り返しに至るには知識が要りますが、

それがあるのなら実践しながら歩めば、

今後は人生が良くなっていく方が当り前です。

 

忍耐が大切です。

もし落ちてしまっても、這い上がることができます。

そうすると、この世界に対する畏敬の念が自然と湧いてきます。

関連記事