「影響力」よりも、「在る」

あなたが、いまやっていることが好きで、楽しくて、幸せで、時間が過ぎているのを忘れるくらい集中できるのであれば、それはいつか花開くことになるでしょう。

ただ、それへの影響力をつけるにはどうすれば良いのでしょうか?

人に、見てもらったり、感じてもらうためにはある程度の情報は必要でしょう。(「ちやほやされたい」という気持ちとは違います)

小手先の技術を活用して、戦略的に得ることもできますが、そういうやり方はあまり長続きしませんし、プロセスそのものが苦しくなることもあります。

私がこちらの記事でお伝えしているのは、一般的な方が、少しずつでも芸術や創作、教育などの精神活動を行うことを続けて、繁栄する考え方です。

それらを行い続ける人は、自分が素晴らしいと思う仕事を通して、自分でもそれを心からさらに素晴らしいと思えるようになる、それ以外に心底満足して長期的な影響力を持つことはできません。

あなたは何をしているときがいちばん好きですか?

「なんとなく」「なぜか」続けていることも、あなたにとっての武器となります。

はじめは自分のためだったものが、結果として他人のためにもなる。

それはとても素晴らしいことです。

たとえるなら、それは花のようなものです。

花は、誰かに認められるために綺麗に咲いているわけではありません。

花はただ咲いているだけです。

天候や季節などによってリズムがあります。

ある時、美しい色と形をつけて、ただそこに在ります。

 

自然は、自然なことが大切であると示してくれています。

どう見られているだろう・・・

誰かのために・・・

そういう気持ちがありません。

蝶々が集まる綺麗な花のように、

ただ自分が素晴らしいと思うことを行い、

まずは、ただそこに在り続けましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。