あなたの音楽

なぜ、自分の感じ方を他人に合わせなければならないのか?

ラルフ・ワルド・エマーソン

私たちが暮らす国、日本では、協調、調和の文化が最も素晴らしいもので、その点に関しては海外の人々からも称賛されているようです。

たしかに、私もそうだと思います。しかしながら反面、同調することを求められてしまうような気がすることがあります。

儒教的な思想の影響だと理解していますが、やはり個性主義なところは疎く、多様性を受け入れる考え方の広まりが薄く感じられます。

ですが、これからの時代は、多様性の広がりを魅せてくれると思います。

 

私たちは一人一人が、個性のある完璧な存在です。

人に合わせたり、仲間に入るために本当の自分を隠したりすることによって、私たちの魂は窒息状態に陥ることになります。

自分よりも他人の幸せのために頑張っているうちに、自分を大切にすることを忘れてしまいます。

いつでも、自分を大切にすることができるのは自分です。

人のためという考えからの行動は苦しみをもたらすことになります。自分が好きなことを行って、結果的にそれが他人のためになるとき、私たちは真の豊かさの中へと進むことになります。

私が好きな本の著者であるウエイン・W・ダイアー博士はこう言っています。

あなたの音楽を奏でることなく死んではいけない

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。