源に触れる

いまの自分が、その果実を最高に美味しいと思うのであれば、それを収穫し続けることに対して、転換をする必要はありません。

しかし全くちがう果実が好きだと気づいたとき、そのときが重要なのです。

部分=全体です。

その果実が成る木に依存している限り、別の果実を収穫することはできません。

それに気づき、本質的なことを知りはじめます。

本質的な知識を得る初期段階では、ほとんど変わりませんが、知識を得れば得るほど「気づき」も多くなります。

要るもの、要らないものも楽にわかるようになってきます。

そしてまた困難に遭遇します。

「知りたかったから。よりよく生きたいと願ったから」

過去の邪魔になっている考え方があらわになってきます。

知識と在り方は別物だと気がつきます。

これまでの自分では、進むことができない、どうすればいいのでしょう。

そういったとき、

源に触れるための機会が訪れます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。