人の性質?選択?

状況、環境などの現実をどのように解釈するか、ということによって人生は展開していきます。

コップの中に水が「半分しか入っていない」

と観る人と

コップの中に水が「まだ半分も入っている」

と観る人がいます。

これは現状に対してどう解釈、反応するかという、人の性質を表すたとえ話です。

では、人はいつも、上述のたとえ話のどちらかのように観るのでしょうか?

いいえ。

人は目の前の出来事に対して、

この出来事ならこう観る

その出来事ならこう観る

という風に、無意識に出来事に対する観点を変えます。

また、その場に一緒にいる人との心理的な位置関係によっても、同じ出来事に対する解釈が変わることがあります。

ということは、できる限り意識的に物事を解釈することが大切だということです。

表面上は問題が起こったように思えることでも、

大丈夫

好機

と解釈するようにした方が、何事も楽々と展開するのではないでしょうか。

実は個性の問題ではなく、いつでも選択の自由があるのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。