波動と現実に関する個人的考察

インターネット上のスピリチュアルな記事を読んでいると、「高い波動」が絶対的に良いという印象を受けがちですが、実際には生きていく上で、波動は高ければ高い方が良い、というわけではないのかもしれません。

もちろん、波動が高いほど人や場所が発する波動に敏感になりますし、直感力も冴えます。

調和のある態度で過ごすことができます。

精神状態がとても良くなりますし、やりたいことに取り掛かる際、とてもスムーズ展開していきます。理路整然としないような不思議な出来事が重なり、なぜか進みたい方向へと導かれていきます。

しかし、自分で行動を起こし続けるためには、1日をかけてある程度は自然と波動が下がっていく方がふつうであり、良いのかもしれません。

「地に足をつけて」という言葉がありますが、本当にそのままの意味なのでしょう。

現実というのは、波動が低く重いです。

波動が高い状態ですと、流れのままに自分の望む状態をつかんでいくことにはなりますが、逆に、低くならないと物質的な「引き寄せ」が起こることは難しいような気がします。

つまり波動が高い状態ではじめた行動が、そのエネルギーを少しずつ重くしていくことによって、その繰り返しから、望む物質、環境が創られていくのだと思います。

神は波動が下がった(意識的に落としてもどちらでも)ときに、その人の思念の方向性に沿った物質を創造するようです。

ちなみに、波動が高い人は存在だけで、与えることができるのだと思います。常に。この世界に対して。

自分の高い波動を放射することによって、またそれに合った振る舞いを通して、世界を良い状態にすることを行なっているように思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。