考えない時間をつくる

人は考える生き物です。それがふつうです。

鉱物、植物、動物などを含む自然界において、人間は多くのことを考える力をもっています。

動物は考えることができるのですが、ほとんどが感覚です。

私たちの魂が人間として生きることを選択したということは、単純に言えば考える力を授かったということです。

考える力は縦横無尽に活用することができます。

痛みを避けるため

不安や恐怖に向き合わずに済ませるため

など、回避に使うこともできますし、大きな観点で言えば人々に戦争をさせることもできます。

逆に、私たちが幸福であるために、平和に過ごすためにどうすればいいのか

あの人の気持ちを尊重したいけれど、私の気持ちもあるからどうすれば気持ちよく共に生きられるのか

など、前向きな思考をすることもできます。

考えるという力、道具は

何か物質でたとえるなら、包丁のようなものです。

(幸せな気持ちで)

あの人に食べてもらいたい得意料理があるから、、、

まずは包丁でニンジンを切って、、、

という風に、使うことができます。

使い方が理解できているから、食材を上手に切ることができます。包丁はとても素晴らしい道具です。

しかし、間違った使い方をすれば、指を切ってけがをすることもありますし、全く違う使い方としては殺人に使用してしまう人もいます。

考える

という、授かった力をどのように使いましょう?

それを考えることはとても価値があります。

そして、使わない時間も大切です。

料理好きな人や料理人、料理研究家の方も、ずっと包丁や調理器具を扱ってはいません。

私たちは現代、意識的にも無意識的にも多くの情報に触れています。そしてたくさん考えています。

ですので、考える力を「使わない時間」を積極的につくることは、あなたの生き方を大きく変えることになります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。