すべての経験を楽しもうとすること

すべてのことが

死に至るまでの通過点に過ぎません

何を行うにしても、物事を「できる」と思い込むことが重要です。そこに根拠はいりません。

「私はできる」「私はやる」という気持ちで物事に取り組むことは、「できないかも…」と不安な気持ちで行うよりも大きな成果をあげることになります。

ですが、それ以前に自分自身の内面を見つめて「やりたい」か「やりたくない」か「好き」か「嫌い」かという気持ちを大切にすることです。

それを起点としなければ、苦しみ続けることもあります。なぜなら「嫌い、やりたくない」けれど、それなりに上手に出来るということもあるからです。

それは才能と呼ばれるものかもしれません。

その才能は、嫌いなことや、やりたくないことに振り向けるべきものでしょうか? 

その才能を分解して考えてみると、もしかすると活用できる選択肢が広まるかもしれません。

人間の個々の才能は、とても素晴らしいものです。ただ、その才能を

好きなこと、やりたいことに合致させた時と

嫌いなこと、やりたくないことに合致させた時

の成果の違いは、確実に大きいものであることが簡単に想像できると思います。

ですので、物事に取り組む際には、

本当にそれが好きか、やりたいのか

ということを常に素直に自分の心に問うことが、満たされた現実を創っていくための秘訣となります。

そのために、前段階として自分自身の好き、嫌いをハッキリさせていく過程も必要になります。

楽しい経験も、辛い経験も

個々にとって大切な素晴らしい経験です。なぜなら、次の経験を選択して創ろうとする時、すべてに大きな意味があったと思えるようになるからです。

死に至るまでの通過点

をそういった観点で捉えれば、今回の人生のすべてを楽しんでいくことが出来るようになります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。