沈黙のすすめ

考えることを止めることは、意外にも難しいものです。

人はそれぞれ、考えていることの内容・質・量は異なりますが、考えることを続けてしまうものです。

目の前のことをこなしながら、

今日のランチは何かな?

今日のあの人は素敵だなぁ

この仕事を〇時には終わらせて、次はコレをしてアレをして・・・

など、それぞれの思考を縦横無尽に、自由自在に動かしているものです。

考える方が良いと思われがちな現代ですが、

そこであえて、

考えることを止めてしまいましょう

という提案をさせていただきます。

沈黙の実践

です。

沈黙とは、人とコミュニケーションをとるべき時以外、脳内の思考を止めることです。

そして、自分の呼吸と、目の前の「こなすべきこと」だけに集中します。   

その際には目の前の「こなすべきこと」に対するこれまでの思い込みすら無くします(できる限り)。

判断をせずに淡々とこなします。そうすることによって、

集中力が高まります。

時間に余裕ができます。

エネルギーの消費量が減ります。

これは実際にやってみた上で、いつもの感覚と比較・検証しなければわかりません。

やろうとしても難しくて中々うまくいかないかもしれません。

練習・実践してみればその効果を心から理解できます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。