踊らされずに、踊る

資本主義システムのなかで踊らされていることに気が付くことは、とても難しいです。

私は私

他者は他者

社会は社会

しっかりそう思えるのであれば、それはシステムのなかにいるようで、いないと言えます。

腑に落とすには、

社会で擦り切れるほど頑張る

という体験をした人であれば比較的楽にできます。

資本主義というシステム自体は現段階では変えられませんので、

逆に、資本主義システムにどっぷり浸り、

どれだけ頑張ればいいの?

どれだけ競争し続けるの?

どれだけ他人を支配コントロールしなければいけないの? されなければならないの?

ふつうは、このような「問い」を自分自身に投げかける必要があるのではないか、と思います。

(波動を感じる能力が「戻ってきた」か、「ある」人も理解できると思います)

世の中のおかしさに気付き

システム自体を否定しても、戦ってもしょうがないというところまで来た人や

自由な思想で生きている人と関係を持ち、それが当たり前になっている人は、もうすでに

光を見ているのでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。